fax一斉送信業者のおすすめの探し方

ビジネスの場面では、faxの一斉送信という機能は必要不可欠です。しかし、今まではfaxの一斉送信にいくつかの課題がありました。その中でも最大の課題は、高額な通信料金(通話料金)です。一通のみならまだしも、何枚も送ることも多々あると思います。そんなときにインターネットfaxは、従来のfaxと違い通信料金は格段と安くなります。またメールと同じような感覚で簡単に配信することができるため、操作も簡単に行うことができますので、昨今では使用されることが多くあります。インターネットfaxは、従来のfaxのように送受信に電話回線を使うではなく、インターネット回線を通して送受信を行います。通信料が安くなる理由は、050のIP電話と同じようにネット回線を利用した通信を行うためです。

インターネットfaxの仕組みや機能について

そもそもインターネットfaxはどのような仕組みであるのか説明します。まず、送られてきたfaxはPDFファイルなどのデータに変換されます。そのため、パソコンや携帯電話などの通信機器でメールを受信し内容を見ることができます。さらに一斉送信する時も、上記の通信機器からデータを送り相手のfax機に出力が可能です。従来のようにfaxの送信は相手のfaxへのみ、メールの送信は相手のメールへのみというメールとfaxの間にあった壁がありません。そのため、相手が従来のタイプのfax機しか所持していない場合でも、メール感覚で手軽にfaxを送受信できるのです。オフィスにいなくて外出先からでも送受信ができますし、通信費用まで安価に済ませられる、メリットだらけのインターネットfaxサービスなのです。

インターネットfaxで選ぶべき業者のポイントは何か

今までのfax機では、1件送信するとまたすぐに次の送信が始まるため、一斉送信には膨大な時間が必要とされていました。それがインターネットfaxなら、時間やコストも圧縮でき、操作もパソコンやスマートフォンからメールと同じ容量で簡単に送れます。しかし、どこのインターネットfaxも同じ機能かというとそうではありません。一度に送信できる上限件数は業者によって違いますし、その他オプションも違ってきます。そのため、宛先登録数や送信枚数などを社内できちんと確認をして必要な機能が備わっているものを選びましょう。必要でない機能が備わっているものを選んでしまうと、経費が多くかかりますし、使いこなすのも難しくなってきますので、確認作業を忘れないようにインターネットfaxを選びましょう。